桂あいり同人漫画「カラミざかり」を完全ネタバレしています。

 

 

タイトル カラミざかり
サークル 桂あいり
ジャンル 同級生/ヴァージョン/友達同士

 

カラミざかり あらすじ

クラスメイトの男女4人、いつも他愛もない会話で学校生活を過ごしていた。しかしある日、興味本位で訪れた男子の部屋で多感な彼らはついに一線を超えてしまう…。日常、好奇心、片想い、そしてセックス──夏の日、彼らの身体と心は複雑にからまり合う。

カラミざかり ネタバレ

 

 

1話 ネタバレ

 

「普通、学校でこんなモノ見ないっしょ!」

 

AVの写真を見ていた事を

智乃にバレてしまった貴史と高成。

 

智乃にクスクス笑われてしまい、

 

「いいじゃねーか!」

「関係ないだろ!」

 

エロい事を認めてるのでした。

 

「え?俺も?」

 

エロい男だと思われたくない高成。

慌てて言い訳しようとするも、
1番勘違いされたくない里帆の誤解をとけないまま、

その日の授業は終わるのでした。

 

 

「確かに飯田に似てる・・・」

 

「飯田もオナニーするのかな」

 

 

貴史に教えてもらった動画を見ながら、
下半身を触っていく高成。

 

女優の演技にくぎ付けになって、

見入ってしまうのでした。

 

その頃、

飯田里帆の部屋では。

 

里帆も高成と同じ動画を見ながら、

アソコを触って

悶絶してしまっていたのだった・・・

 

1話の見どころと感想

里帆ちゃんのオナニーする姿が最高にエロい!

 

カラミざかり1話タイトル
飯田もオナニーするのかな

 

2話ネタバレ

 

「やべ・・・2人きりじゃん・・・」

 

廊下で里帆と
2人きりになってしまった高成。

 

「あっ・・・」

 

好きな人と一緒になれて、
緊張してしまうのでした。

 

何も上手いことも言えず
ただ照れていると、

 

「山岸くんは夏休み、どこか行くの?」

 

里帆から会話をしてくれるのです。

 

「私は海に行こうと思ってるんだ」

 

「俺も飯田と海に行きたい・・・」

「誘ってみるか・・・」

 

夏休みに里帆と遊んで、
少しでも距離を縮めたかったのに、

 

「こーせー!」

 

さっきまで職員室に行っていた貴史と智乃が、戻ってきてしまったのでした。

 

そのあとの授業はプール。

 

同級生の女子の水着姿に

見とれてしまう高成。

 

大好きな里帆の水着姿を見て、

股間が膨らんでしまう!

 

見どころと感想

貴史の部屋に行って、パンツを見せてしまった智乃。 次回からの展開に期待出来そうな予感♪

3話 ネタバレ

 

「入れるってどこに?」

 

男性用のオトナのオモチャを握り、

使い方を教わってる智乃。

 

「この穴にローションを・・・」

 

貴史も使い方を丁寧に
智乃に教えてあげるのでした。

 

「お、おい・・・」

 

友達同士でエロい事を始めた
貴史と智乃を止めたい高成。

 

でも、

相変わらずの引っ込み事案で、

大きな声を出すことも出来ないのでした。

 

「も、もうちょい強く握って」

 

智乃に指示を出しながら、
自分の気持ち良いトコロを刺激してもらうのです。

 

おっぱいを触られた智乃は、

「すけべ」

少し恥ずかしそうにしながら

照れてしまうのでした。

 

「やわらけ・・・」

 

おっぱいの感触が柔らかくて、

もっと触ってみたくなった貴史。

 

智乃のブラの中に指を入れて、
直接乳首を刺激していくのです。

 

3話の見どころと感想

亀頭を舐めてペロペロしてしまう智乃ちゃん。 我慢出来ずにベッドに押し倒されてしまい、色んなトコを触られて感じてしまう!!

4話 ネタバレ

 

「智乃のココの中・・・」

「気持ち良すぎてもう、出るっ!」

 

まだ数回しか腰を振っていないのに、
すでに発射してしまいそうになってしまっていた貴史。

 

同じく智乃も初めてだったのに
貴史のアレが奥まで当たり、

感じてしまっていたのでした。

 

ゴムの中に発射して、

 

「はー」

「はーっ・・・」

 

呼吸を整えながらリラックスしてた貴史。

 

「あっ・・・」

 

高成と里帆に、

全部見られていた

という事にやっと気づくのでした。

 

慌てて2人の手を掴み、

ベッドに押し倒してしまうのです。

 

「何、すんだよ!」

 

高成がベッドに倒され、気付いた時には智乃の上。

 

「私たちもしようよ」

 

高成は智乃と。

貴史は里帆と即席カップルになり、

エッチな事を始めていくのでした。。。

 

4話の見どころと感想

貴史にアソコを触られて、抵抗しない里帆ちゃん。 それと、 高成のアソコを触り、積極的に攻めてくる智乃。

5話 ネタバレ

 

「に、にいやまが俺のチンコを・・・」

「ふぇ、フ〇ラしてる・・・」

 

智乃にアソコを舐められて、

 

「きもちいい?」

 

と聞かれてしまった高成。

 

「う、うん・・・」

 

初めて舐められて、
気持ち良くなってしまうのでした。

 

そんな時、

「い、いた、っっ!」

 

里帆の声が聞こえてくるのでした。

 

「飯田!どうした!?」

 

と思いながら
里帆を見てみると、

 

貴史はゴムを装着して、
里帆に挿入しようとしているのです。

 

5話 感想と見どころ

里帆が貴史のチンコで気持ち良くなってしまうところ。 里帆のエッチな姿を見て、高成がギンギンになってしまうところ。

 

投稿日:

Copyright© カラミざかりネタバレ , 2019 All Rights Reserved.